結婚式ってこんなに決めることが多いんだ!その詳細とは

結婚式は当日を迎えるまでが大変

結婚式と聞くと誰もが華々しくて憧れを持ちますよね。確かに式当日は新郎新婦、親族、友人などのゲスト全ての人が幸せな気持ちに包まれます。しかし、その華々しい当日を迎える為には事前に本当にたくさんのことを決めなければなりません。その事前の打ち合わせ段階から新郎新婦が喧嘩をしたりして結婚が破談になるということもあるようですね。そうならない為にも前もってどんなことを決めなければならないのかを知っておくべきです。

実際にはこんなことを決めなければならない

では実際にどのようなことを決めなければならないのでしょうか。まずは招待する人数です。この人数によって会場や式場を変更しなければならない場合もある為ここは最初に決めることになります。次に衣装です。これはウエディングドレスとタキシードのことですね。お色直しを考えているのであれば2着以上を選ばなければなりません。そしてそれが決まれば式中に流す曲の選曲、テーブルクロスの種類、キャンドルの種類、花の種類、料理、余興のことなど様々なことを決めていくことになります。

事前にイメージしておくことが大切

こういったことを決めなければならないのですがいざ突然何が良いかと聞かれると迷ってしまうのが人間です。そうならない為にも事前にイメージを持っておくことが大切です。例えばこんなドレスが着たいだとか曲はこんな曲を流したい、飾りつけはこんな色を基調にして考えたいとかそういった事をあらかじめ考えておくことです。そうすることで打ち合わせに出向いた時もプランナーの人にすぐに意見を伝えることができ、プランナー側も迅速に打ち合わせを進めやすくなります。

長崎の結婚式場では和洋折衷、和食、フレンチなど多くの料理内容を提案してくれるので安心して実行できます。