日本の伝統を感じる!和風結婚式の魅力とは

西洋風が全てではない

戦後の日本で一般化しているキリスト教式の結婚式は多くの夫婦に支持されていますが、一方で日本の伝統を愛している方々にとってはどこか味気ないものに感じられます。和の香りを感じながら挙式したい場合、神社を使った神前式の結婚式を行ないましょう。こうした場所では和装を着用できるだけでなく、日本伝統の神々を前に夫婦の結婚を報告できるのです。また神社を使った結婚式ではウェディングドレスを着用できる場所もありますので、衣装だけ西洋風にしたい人は探してみましょう。

式を行なう際の注意点

神前式の結婚式を行なう上で注意したいのが場所の問題です。もしも神殿の規模が小さな神社であれば、大勢の親族や友人は式に招けませんので気をつけましょう。あらかじめ収容できる人数を確認する必要があります。ホテルでも神前式を行なう事はできますので、大勢の参列者を招待したい夫婦であればこうした場所を選択すると良いでしょう。神社で挙式をする際はブライダルフェアはありませんので、好きな日に足を運んで現地の雰囲気をチェックしてみましょう。

日本的な式を行なう方法

和の彩り豊かな結婚式は神社だけで行えるわけではありません。たとえば和風レストランを選択してレストランウェディングを行なう事でこうした希望が叶えられるケースもあるのです。特に和風は好きだけれど特定の信仰を抱いているわけではない場合、和風レストランで人前式を行なう価値は高いと言えます。和風を重視した結婚式を行なう場合は、引き出物にも工夫を凝らしましょう。結婚式場の雰囲気にあった引き出物を贈る事で参列者に印象深い式になるのです。

神戸の結婚式場は、坂が多い場所にあるため、坂の上で挙式をすると眺めがよく、気持ちがいいです。街並みと海を見渡せます。