ネイルも見られている!結婚式でもネイルの3つのマナーについて

親族は、ネイルは控える事

結婚式に親族として出席する場合には、ネイルをするとNGになります。一般的に結婚式に出席する親族は、服装なども控えめにするのがマナーです。しかしどうしても爪が汚く見せられない場合には、ベージュやクリア系などを一色塗りにして目立たないようにするのが良いでしょう。その際には、デザインを入れないようにする事が重要なポイントになります。おしゃれとしてネイルをするのではなく、清潔感を出すためにネイルを利用するようにしましょう。

肌になじみやすい色を選ぶ事

親族以外でも結婚式にお呼ばれをしてネイルをしていく場合、おしゃれをするためにするのではなく、清潔感を出す目的でするのがマナーとなります。そのため色は出来るだけ目立たないような、ベージュやピンクやクリア系の物を選ぶようにしましょう。また暗い色のネイルは結婚式の場にふさわしくありませんので、ダークカラーやカジュアルなデザインのものは避けておく事です。また衣装では花嫁と被ってしまうため、白は避けておきたいのですが、ネイルは白色でも問題ありません。

シーンによってことなるネイル

結婚式には挙式や披露宴や二次会など、様々なシーンがあります。そのシーンによって、ネイルのおしゃれを楽しんでも良い場合もあります。自分が参加するシーンによって、使い分けるようにしましょう。ではシーン別で見ていきましょう。まず挙式では、チャペルや神社で挙げる場合が多いため、清潔感のあるデザインが好まれます。肌なじみの良いベージュやピンクやクリア系を選びシンプルなデザインにしておきましょう。次に披露宴では、挙式よりは少しおしゃれをしても問題ありません。しかし、派手すぎるのはNGとなります。そして二次会では、特に決まりはありませんのでおしゃれを楽しんでも良いでしょう。ただし、晴れの日にふさわしいカラーやデザインを選ぶようにする事です。

結婚式場を東京で探しているならおすすめです。交通アクセスが充実している上に、結婚式場が多いために選択肢が豊富だからです。