一生に一度!幸せな結婚式を挙げるためにできること

相手の気持ちを理解しよう

女性の一生に一度の晴れ舞台、結婚式。自分が主役の幸せな一日になる事を誰しもが夢描いているはずです。しかし、パートナーの協力が無ければなかなか話は進みません。あるアンケートでは、結婚しても挙式は挙げなくていいという男性が半数もいて驚きました。もしあなたの彼も結婚式に消極的なら、一緒に雑誌を見たり、ゆっくり話し合いをしましょう。彼の気持ちも尊重しつつ、二人で式への気持ちを高めていきます。式は二人で協力して、時には喧嘩もしながら作り上げ成功するものだと思います。まずは一人で決めないで、パートナーと気持ちを一つにする事が大切です。

即決割引に惑わされないで!

式場を選ぶとき、ネットや雑誌で場所を調べ予約をして、幸せいっぱいで見学当日を迎えます。最近は食事の試食だけでなく、挙式の体験ができたり、花束や二人の似顔絵カードなどたくさんのプレゼントも貰えます。素敵だけど、他も見たい!なかなか即決はできないと悩んでいると、ウエディングプランナーが簡単な見積もりを持ってきます。そしてその紙の最後には当日割引-○○万円と書いてあるのです。割引は嬉しい事ですが、そこだけ見て即決するのはあまりオススメしません。その場で頭金を払い、後日違う式場が気に入ったからキャンセルしたいと言っても、支払った頭金が返ってこないことがあり、今そういったトラブルが急増しているからです。式場は即決ではなくしっかり自分の目で見て、納得してから選ぶようにしましょう。また、サインをする際にキャンセル料の事も確認しておきましょう。

主役は二人!でも出席者も幸せな式に

式の主役はもちろん新郎・新婦の二人です。でも、二人の門出を祝おうとにわざわざ出席してくださった親族や友人達の事を考える事も大切です。どんなに幸せな式でも、料理が最悪だった、サービスが悪かったとなると二人の印象も悪くなってしまいます。出費を抑えようと思うと、どうしても料理や引き出物のランクを落とそうと思いがちですが、出席者にとってはそこが一番大切なのです。記憶にも残ります。ですから、ドレスやケーキの事だけではなくて、暖かい料理が出るのか、ドリンクの種類は多いか、喜んでもらえる引き出物は何か、よーく考えてみてください。自分が出席者の立場になって嬉しい事を、出席してくださる皆さんにもしましょう。

結婚式場を選ぶ時は来る人の交通の便なども含めて考えるものです。博多の結婚式場は大きなホテルの中で豪華にあげる事も出来るし、交通の便もよく招待しやすいという事で人気があります。